重度の歯周病になってしまい、抜歯するしかなくなってしまったのです。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に挑戦しました。

保険がきかないため、結構高額になってしまいますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

治療が終わり、インプラントを使用し、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントが正解だったと思います。

かなりの費用がかかることは確かです。

場合によっては、保険診療にもできるようですが、厳しい条件を満たさなければならず、検査も含め、治療の一部を除き保険適用外なのが費用を高額にする最大の原因です。

難しいケースでは費用は予想外に膨らむことも覚悟していなければなりません。

多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき不安に思うのは、費用の問題があるでしょう。

保険適用外のケースが非常に多く、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも費用が異なることも事実です。

それから、定期的なメンテナンスも続くということも忘れてはいけません。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗とはどのようなものかと言えば、インプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという顔かたちが前とは違うような問題が起こることもあります。

こうした失敗を最小限に抑えるためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

インプラント治療が最も良い、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。

ブリッジ治療でするとすると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療に備えたほうが良いですね。

入れ歯では噛んだ感じが煩わしい、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方に最適と思われるのはインプラントです。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体というセラミック製の人工歯をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも確実に自然な見た目で、義歯であったとしても、見た目や使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは考えないでください。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと本物の歯と同じように歯周病を引き起こすこともあるのです。

歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。

いずれにせよ、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要不可欠です。

検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。

治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、術前の検査や、治療方針のあり方、アフターケアなど全て歯科医の腕に託すしかなく差は大きいと考えられます。

この治療は、歯科医の技量がすごく左右さる治療法だということを承知しておいてください。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることが治療全体の大きな決め手になってしまいます。